目的ごとに口座を分ける!借金返済をしたから投資へ

目的ごとに口座を分ける!借金返済をしたから投資へ

以前、ネットのあるサイトで、お金に関する記事を読んで気になっていたことがありました。

 

 

 

お金を貯めるには収入からまずは寄付や貯金の分を差し引き、残ったお金で生活費や必要系を賄っていくという考え方です。

 

私は今まで必要経費が最優先で、最低でもその金額は収入を得ないといけないと思っていました。
そうすると、どうしても必要経費の金額が先行してしまい、それに達してしまうと気が抜けてしまい、それ以上の収入を求めなくなっていきました。

 

それでは毎月ギリギリの生活で、いざという時に必要なお金を残していくことができなくなってしまいます。
イレギュラーで必要になるお金は、そのつど収入を増やし、なんとかやりくりしてきました。

 

しかし、最初に寄付や貯金を先取りする方法に変えることで、お金に関する考え方が大きく変わったように思います。
先日、私は数年ぶりに定期貯金を作りました。

 

ずっと積立貯金はやっていたのですが、お金が足りない時に使ってしまい、まとまったお金を定期貯金にするまでには至りませんでした。
定期貯金は貯蓄し、それ以外で寄付や投資などに使う口座を用意することにしました。

 

それは普段の必要経費以外のお金で必要になり、寄付や投資と思えたら使うことにするお金です。
貯金しているお金を使う前に、これは投資なのか無駄なのかを考える習慣をつけることによって、生きたお金の使い方ができるようになると思います。

 

貯蓄だけでは思うようにお金は貯まっていかないと思います。
やはり貯蓄を増やしていくためには、投資が必要だと感じています。

 

投資は自分や誰かのためになることに使うようにしていこうと思っています。

 

 

 

目的ごとにきちんと口座を分けたことで、よりシンプルにわかりやすくなりました。

 

 

 

モラハラ夫に苦労の連続!

 

 

ありがちな話ですが、夫が好き勝手にお金を使うので苦労させられています。

 

 

ちょっと生活をきりつめたり、夫も節約を意識してくれれば、私もこんなに働かなくて済むのにと思う毎日です。

 

 

 

夫の趣味は車、パチンコ、釣り、ゴルフ等、職場での付き合いも含めて多種多様です。それが出費の主たる根源ですが。

 

 

多重債務の人から話を聞いてみると何が辛いって借金返済の連続の日々。

 

 

借金返済

 

 

 

日本はどんなものでも得る事ができる。それこそ毎日に幸せが溢れている。不満を言ってはいけないなと衝撃を受けた瞬間でもある。

 

 

 

明日の命は保障されているのだ。

 

 

借金返済の間は覚悟と本気が必要である。

 

 

私は、日中は事務所で事務作業をフルタイムで行っていますが、その稼ぎも家族の生活費で全部消えてしまい、それでももちろん足りないので、私は夜も仕事に出ています。これがやはり体力的にも精神的にもきついものです。

 

 

 

夜の仕事は、夫が21時頃帰宅して、夫の食事をだし、子どもを大急ぎで寝かせて自転車で近所のファミレスに行きます。

 

 

22時から3時間働いて帰宅します。帰宅後は夜中1時半ごろで、そこからお風呂に入り毎日深夜2時頃に寝て、朝7時に起きて子どもの登校登園の準備、夫や子供の朝ごはん、その後自分も出勤します。

 

 

自分の朝ごはんは、節約の意味も込めて抜きにしています、時間もないためです。

 

 

 

ファミレスで3時間働いて得れるお金は3千円ほどですが、これが週五日だと15000円になり、1か月では6万円なので、ものすごく有りがたい収入です。このアルバイトのお金で子どもの習い事代を出せているのでやめるわけにはいかないのですが、正直つらいです。

 

 

 

母親が先月乳がんの手術をしましたが、自分も過労で何かよからぬ病気になるのではと戦々恐々としています。

 

 

 

今は若いので、何とかなっていますが、これだけ酷使して家計も自転車操業で、今後子どもも大きくなってもっとお金がかかるようになったらどうするのだろうと思っています。

 

 

 

 

夫がもっと、自分を見つめなおして、心を入れ替えてくれれば一番いいのですが、それも期待薄ですね。